相続に関するご相談や、債務整理、民事に関するご相談などお気軽に静岡県、袋井市のむつみ司法書士事務所までお問い合わせください。

不動産登記

土地や建物の不動産の登記は必ずすることお勧めします。

不動産登記

人の戸籍には、人が生まれてから亡くなるまでの履歴が記載されていますが、土地や建物も登記簿に同じように不動産に関する情報が履歴として記録されています。

不動産登記は、大切な財産である土地や建物の所在・面積のほか、所有者の住所・氏名など公の機関である法務局に登記記録することをいいます。
これにより、不動産の情報が全国の法務局で誰でもみなさんが確認できるよう一般公開され、権利関係やその所在・面積などの状況を明確化し、不動産の取引の安全と不動産の権利を守る重要な役割をはたしています。土地や建物の不動産の登記は必ずすることお勧めします。

所有権保存登記・所有権移転登記

マイホームを購入した方、土地を購入した方は、まず最初に行う登記です。
まずあなたがその土地や建物の所有者であることを明らかにするために所有権の登記をすることを言います。所有権保存登記は、誰が建物の所有権者かを登記記録に初めて反映させる登記を言います。これを行うことにより、登記記録の甲区欄ができます。

所有権保存登記はこんなときに

所有権保存登記
  • マイホームを新築したとき
  • 建売住宅を購入したとき

所有権移転登記は、不動産売買や贈与、相続などにより、その土地や建物の所有者が移転したときに登記をすることをいいます。所有権を明確にすることで、第三者に対して所有権を対抗(主張)する為に、非常に重要な登記になります。

所有権移転登記はこんなときに

  • 不動産(土地・建物)を購入したとき
  • 不動産を贈与したとき
  • 不動産を相続したとき

抵当権設定登記・抵当権抹消登記

家を購入するとき、銀行などから融資を受けて購入されている方がほとんどだと思います。このように銀行などから融資を受けて家を購入された場合には、購入された土地や建物には抵当権という担保の登記がされています。これを抵当権設定登記といいます。

また、住宅ローンの返済を無事完済されますと、実質的にはその抵当権は消滅することになりますが、抵当権の抹消登記をしないままでいると登記記録上は抵当権が残ったままとなってしまいます。この抵当権を抹消することを抵当権の抹消登記といいます。

抵当権の抹消をしないと…
抵当権抹消登記を忘れていると、登記記録上抵当権が残ったままになります。この状態ですと、不動産を売却手続きが進みません。売買をする際に買い手側から見ると、登記記録上は借金が残ったままの不動産と見えるため、売却ができないのです。
また、何年後かにいざ抹消しようとした時も必要書類がなければ、金融機関から書類を再発行してもらわなければなりません。
住宅ローンを返済し終えたら、忘れずに登記記録上の抵当権も抹消をしましょう!