相続に関するご相談や、債務整理、民事に関するご相談などお気軽に静岡県、袋井市のむつみ司法書士事務所までお問い合わせください。

裁判関連

「裁判と言えば弁護士だけど、弁護士は敷居が高そう…。
しかし、自分で進めるのは不安が…。」

裁判

そんなお悩みをお持ちの方は街の法律家である司法書士にお任せ下さい。法務大臣から認定(簡裁訴訟代理等関係業務の認定)を受けた司法書士は訴額140万円以内の簡易裁判については弁護士同様、代理人となることができます。また、訴額140万円を超える場合で も書類作成などで本人手続きのご支援も可能です。裁判には様々な提出書類が必要になります。
これらの事務を支援するため、訴訟代理人にならなくても、次のような裁判書類作成事務を行います。訴状、答弁書、反訴状、準備書面、民事執行申立書、破産手続申立書、各種調停事件申立書、特別代理人選任申立書など。当事務所では、長年の裁判業務の実績や経験が豊富にございます。お気軽にご相談ください。

こんなときにはご相談ください

※ただし、司法書士が代理人となれるのは争いの対象が140万円以下の事件に限ります。

不払い賃金請求

家賃を滞納して払ってくれないなどの不払賃料請求。

滞納管理請求

マンション管理費等を滞納して払ってくれないなどの滞納管理費請求。

家屋明渡し請求

家賃を払ってくれない住人に部屋を明け渡してもらうなどの家屋明渡請求。

損害賠償請求

交通事故などによる怪我の治療費、車の修理代など損害賠償請求。

売買代金支払い請求

商品を渡したのに、代金を支払ってくれないなど売買代金支払請。

司法書士を活用した場合のメリット

専門的知識により問題点を把握
法律は複雑なため、何をどうすべきか見当がつかず、不安になられることは当然です。司法書士は、業務経験から、様々な問題点を把握できます。
民事裁判のルール遵守で思わぬ不利益の回避
民事裁判には一定のルールがあり、このルールに従わなければ、主張したいことも主張できなくなることがあります。司法書士は法律の専門家としてこのようなルールも網羅していることから、思わぬ不利益を被ることもありません。
裁判手続が迅速・確実に!
裁判手続きには、状況に応じて、いろいろな専門的書類を作成する必要があります。司法書士は、法律知識・業務経験から、迅速・ 確実に手続きすることができます。